『鬼の家』の装画を担当させて頂きました

『鬼の家』装幀

9月15日に刊行された花房観音先生の『鬼の家』(KADOKAWA)の装画を担当させて頂きました。
京都のある屋敷が舞台の連作集です。妖しくて怖くておもしろくて、引き込まれて一気に読んでしまいました。

装幀は大原由依さんです。とてもかっこよくして下さって、すごく嬉しいです。

ご購入、書籍の詳細はこちらへ→鬼の家 花房観音:書籍 _ KADOKAWA


帯を外したところです↓
『鬼の家』帯なし

表4の蝋燭も描かせて頂きました。
『鬼の家』表4

原画はこんな感じです。
装幀が素晴らしいので、本になった絵のほうが本物のように思えます。
今原画を見ると、色が派手に感じられたりして、なんだか落ち着かない気分になります。
装画・原画

表4です。
装画・原画・表4

こうして初めてのお仕事ができたのも、これまで展示の場や塾や学校、日常の関わりの中で応援して下さった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。
今後も続けていけますように精進致します。

9807, 9806

© 2009-2017 Maimaido.